できることなら、銀行のおまとめローンを利用しよう

銀行のカードローンで、おまとめローンの申し込みのしやすい銀行はどこかというと、それは「おまとめ・借り換えOK」と明記されている銀行カードローンです。

 

このように明記されていない銀行でもおまとめローンを利用することはできますが、明記されている銀行の方が審査などで利用しやすいでしょう。

 

おまとめローン、おすすめの銀行は?

銀行のカードローンで「おまとめ・借り換えOK」とされている銀行は、オリックス銀行カードローン・楽天銀行スーパーローン・イオン銀行カードローンなどです。これらの銀行では、公式ホームページでも「おまとめ・借り換えOK」と書かれていますので、「おまとめ・借り換えOK」と書かれていない銀行に比べれば、審査は比較的通りやすいといえるでしょう。

 

その他の銀行はどうなの?

それ以外の銀行でもおまとめローンの審査をお願いすることは、もちろんできます。ただ、おまとめローンは、審査が複雑で厳しものになりますので、銀行側からすればあまり歓迎したくないということはあるかもしれません。(歓迎はしませんが、おまとめローンというだけで断るということはありません)

 

リスクを心配する銀行

おまとめローンは、一般には、消費者金融や銀行にとっては有利なものです。その分、他の金融機関の売上を奪い、自社の売上を伸ばすことになるからです。しかし、メリットだけではないのも、また事実です。それは、融資金額を回収できなかもしれないというリスクです。

 

おまとめローンを申し込む人は、各社から借金をしているということですから、多重債務に陥る可能性があります。そのような危険な人に融資をするわけですから、当然「貸し倒れ」を心配します。銀行がおまとめローンを積極的に行おうとしない理由は、回収できないことによるリスクを心配しているからなのです。

 

信用度は借入件数が大切だ

借入総金額は多いが借入件数が少ない場合と、借入総金額は少ないが借入件数が多い場合とでは、どちらの方に信用度があるのか。答えは、前者になります。借入総金額が多くてもそれが一社からのものであれば、その一社が「借り手はそれだけの金額を融資できる人物だ」と判断したということになるからです。

 

一方、借入総金額が少なくても借入件数が多い場合は、各社があまりその利用者を信用していないということになります。こう考えると、銀行がローンを一つにまとめるということは、その人の信用度を保証することにもなりかねませんので、はやり慎重になってしまうのです。

 

消費者金融では、どこがいい?

消費者金融の場合には、はっきりと「おまとめローン専用」のコースがあります。たとえば、 アイフルならば「おまとめMAX」、プロミスならば「おまとめローン」、アコムならば「貸金業法に基づく借換え専用ローン」という名前で、おまとめローンを受け付けています。

 

アコムだけは名称が長いですが、なぜなのかはわかりません。法的にも「おまとめ」は問題がありませんので、アイフルやプロミスのように、もう少し短くしてもよいように思うのですが……。

 

アイフル、プロミス、アコムの金利比較

この三社のおまとめローンの金利を比較すると、次のようになります。

 

  • アイフル…12.0%〜15.0%
  • アコム…7.7%〜18.0%
  • プロミス…6.3%〜17.8%

 

上限金利(高い方の金利)を見るとアイフルが一番低く、下限金利(低い方の金利)を見るとプロミスが一番低くなっています。このことからは、次のようなことがいえます。借入金額が多額であればあるほど、一番低金利のプロミスを利用するほうが有利であり、また、借入金額が少額であればあるほど、アイフルを利用するほうが有利であるということです。借入金額を考えて、どの消費者金融がいいかを使い分けることが大切になります。

 

アコムについては、ちょっと中途半端な感じがします。上限金利は三社の中で最も高く、下限金利もプロミスより高くなっています。ということは、すでにアコムで借入をしている人がおまとめローンをするときに利用する、というのがもっともよいでしょう。おまとめローンは、審査や手続きなどでいろいろとストレスがかかるものです。アイフルやプロミスで新たにおまとめローンを申し込むよりも、アコムで申し込む方が何かと手続きも楽でストレスも軽減されます。

 

まずは、プロミスで検討を

おまとめローンの場合には、多分、借入金額は大きくなるだろうと思います。100万円を下回ることは、おそらくないでしょう。借入金額ごとの上記三社の金利はわかりませんが、消費者金融は、借入金額ごとに金利を決めているわけではなく、その利用者の信用度に応じて金利を決めています。

 

ということは、プロミスのおまとめローンの金利とアイフルのおまとめローンの金利とでは、どの程度の借入金額からどちらが有利になるのかは、はっきりわかりません。しかし、これだけ下限金利に差があり、両者の融資限度額はともに300万円だということを考えると、100万円を超えるあたりからプロミスの方が低金利になっていると思われます。おまとめローンでは、100万円を超えるのが普通ですから、やはりプロミスを利用するほうがよいでしょう。

 

プロミス


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 最大30日間※1

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

アイフル


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.5%〜18.0% 最高500万円 最短30分 最大30日間※

※はじめての方