即日キャッシングを希望するなら消費者金融です

即日キャッシングが希望の場合、銀行のカードローンより消費者金融をおすすめします。その理由は、まず審査に掛かる時間です。消費者金融では最短で30分で審査が終わりますが、銀行では最短で即日という表現に留まっています。

 

中には消費者金融並に最短30分で審査が終わる銀行もありますが、これて大手の銀行の一部だけです。基本的には早くても数時間掛かることが多く、消費者金融の方が即日キャッシングには向いています。

 

最短時間で借入れしたいならココ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

審査の通過率が一番大事になります

当然ですが、まず審査に通らないことにはキャッシングを行うことはできません。この審査の通過率が消費者金融と銀行ではかなり違います。銀行のカードローンの審査の通過率は20〜30%だというデータがあります。これは体験者の口コミなどではなく、業界紙でも公表されている公式なデータです。

 

これと比較して、消費者金融の審査の通過率は40〜45%になっています。おおよそ2倍の差があるということになります。この審査の通過率はあくまで平均なので、中には無茶な高額を希望したような場合も含まれているかも知れませんが、それでもこれだけ差があるというは、明らかに消費者金融の方が審査に通りやすいと考えていいでしょう。

 

即日キャッシングを希望する場合、まずは審査を通過することです。その点で銀行より消費者金融の方を利用した方がいいと考えることができます。

 

次に審査に掛かる時間です

もちろん審査が早く終わらないことには即日キャッシングを行えなくなる可能性があります。消費者金融には平日や休日といった概念がないため、土日でも大抵の消費者金融で21時まで営業を行っています。即日キャッシングを行うためには、この時間までに審査が終わらないといけないということです。

 

そのため、申し込みは遅くともこの1時間前までに行う必要があります。もちろんできるだけ早い方がいいので、審査に時間が掛かることを考えて、できれば18時くらいまでには申し込みを行いたいところです。この申し込みを行った日の営業時間中に審査が終わることが、即日キャッシングをするための必須条件になります。

 

銀行は審査が長引くことが多いです

銀行のカードローンの審査は消費者金融より掛かる時間が長いことが多いので、即日キャッシングを希望する場合にはおすすめできません。長い場合は数日掛かることさえあります。それでは即日キャッシングどころではありません。また上に書いたように、審査の通過自体が消費者金融より厳しいので、待たされた挙句に落とされてしまったような場合、もうその日には次の申し込みを行うことができない時間になっているかも知れません。

 

銀行でも三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行は審査に掛かる時間が短いですが、それでも消費者金融と比べた場合、審査の通過率が問題になります。最近では銀行でも休日や夜間の申し込みに対応していることも少なくありませんが、やはり審査に掛かる時間がポイントになります。

 

また後述しますが、在籍確認といった問題もあります。即日キャッシングをしたい場合は審査に通過しやすく、それに掛かる時間も銀行より短い消費者金融を利用する方がいいでしょう。

 

在籍確認がポイントになります

キャッシングの審査ではほとんどの場合、在籍確認が行われます。これは申し込みをした人が本当にその会社に勤務しているかを電話を掛けて確認する作業ですが、これが行えるかどうかが問題です。

 

もし会社に誰もいないような時間だった場合や、そもそも休日に申し込みをした場合はこの在籍確認が困難なことがあります。この在籍確認ができなかったために即日キャッシングができないケースも多いです。

 

電話以外で在籍を証明できる消費者金融

在籍確認を電話以外の方法で行える消費者金融があります。まずプロミスでは申し込みの時に在籍確認を書類で行いたい旨を知らせる必要がありますが、会社より支給されている社会保険証と給与明細表を申し込みの際に一緒に提出すれば、電話で確認を行う代わりに会社に在籍しているという証明にすることができます。

 

またモビットはネットから申し込みを行う必要がある消費者金融ですが、ここでも同様の2点の書類の写真を申し込みの際に入力した情報と共に一緒に送信することで、電話確認が行われなくなります。アコムでは在籍確認の電話が繋がらなかった場合、その他の審査をクリアしていれば、限度額が10万円の仮契約状態になり、とりあえず借り入れを行うことが可能になります。

 

この在籍確認を書類で済ます方法は、何も電話が繋がらない時のためだけではありません。電話で確認を行うと、どうしても時間が掛かります。その時間を短縮するという意味もあるということです。銀行でも条件次第ではこの電話確認を行わないことがありますが、確実ではありません。確実に電話確認を回避できるプロミス、及びモビットの利用が、即日キャッシングには一番向いているといえるでしょう。

アイフル


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.5%〜18.0% 最高500万円 最短30分 最大30日間※

※はじめての方