消費者金融の最低借入額や希望限度額について知りたい

消費者金融で借金を行う為にはカードローン審査に通過し、そこで契約時に融資額が決定される事になりますが、最低借入額が30万円設定と言われる事も多いですが、実際には融資許可が下りた時の最低額というのは10万円というパターンが多いです。

 

業者側としても5万円程度を限度額に設定した融資なら、人件費回収が出来ないですし、こうした小額融資を行う事は無いと言えます。借金する時には融資額の範囲内で債務者は自由に選択出来ますが、限度額は最低10万円となっており、そういった意味でも最低借入金額は10万円と言えるでしょう。

 

限度額10万円だからと限度額一杯まで借りる必要は無い

消費者金融の限度額設定は最低10万円からスタートが多いですが、だからと言って限度額一杯の10万円を絶対に借りる必要は無いです。限度額は契約時に決まる、債務者が利用出来る借金可能な上限金額でありますから、限度額の範疇で5万円とか3万円という金額の借入でも利用可能になります。

 

ただし、ここで注意したいポイントがあり、例えばA社から限度額10万円の設定の中で5万円だけ借りていたとしても、カードローン審査においてはすでにA社から10万円の借入があるという扱いになり、借金ゼロ円でも限度額を借りているという扱いです。

 

キャッシング業界に置いて借りる事が出来るのは借りているのと同義

カードローン審査にクリアした状態というのは、すでにどこかの業者から何円までは借りる事が出来る状態です。借りる意志さえあれば何時でも借りる事が出来るのは、業界内ではすでに借りているという扱いになります。

 

ですからA社からすでに限度額提示されてカードを所持し、新しくB社に審査申し込みを行うと、A社からの借金が無くてもすでに借りている扱いになりえますから、その仕組みによって審査落ちする事もあるのです。

 

一般的な消費者金融で初借入時の限度額とは

消費者金融のキャッシング審査に通った時の初借入時の限度額は、一般的には10万円から50万円の範囲で決定される事になります。希望限度額が100万と提示しても最初からその要求に応じて貰える事は殆ど無く、希望通りに何円でも借りる事が出来るわけでは無いです。

 

例えば学生やバイトのように収入が不安定なら最初は10万円、正社員でも30万円、高収入で勤続年数の長い安定した正社員で50万円という形で、信用に応じた金額設定になります。借金利用して返済実績を詰み、その後増額申請によって限度額が広がっていく形になりますから、一般的な流れとして知っておけば希望額通りに借りる事が出来ないのは普通の事と理解出来るでしょう。

 

何故消費者金融では30万円が最低借入額と言われているのか

消費者金融では最低借入金額が30万円と言われている事が多いですが、何故この数字が一人歩きしているのかと言うと、最低借入額が10万円から50万円スタートが一般的であり、その中間を取ったものとされています。

 

信用によって限度額は決定される

借金を行う時に重要な事は信用であり、これは返済能力を認めてもらう事によって決まる側面があります。最低限度額が10万円に設定されると言うのは、信用が低い証拠でもあり、キャッシング業界において10万円スタートと言うのは最も低い信用です。安定した職業の方が申し込みを行って10万円スタートという小額設定にされる事は無いと言えます。

 

初借り入れ時からキャッシングで50万円というのは信用度が高い証明でもあり、収入の流れがあって過去の借金歴に傷も無い普通の申し込み者の信用度の場合は、30万円スタートが一般的でしょう。ですから消費者金融の最低借入額を30万とされているのは、一般的な申し込み者が最初に認めてもらえる数値でもあるのです。

 

金利設定を理解して消費者金融を利用する

消費者金融を利用してキャッシングを行うと、金利設定に基づいて利息負担を行う必要があります。金利には上限設定があり借入額が増える程に低金利になっていく傾向にあるものです。

 

10万円までなら20%、10万以上で100万円までなら18%、100万円を超えれば15%までと言う形で借入額に応じた利息の上限があるものです。

 

限度額を上げた方が有利なの?

消費者金融利用においては銀行のように借金が何円から何%という表記は無く、基本的には信用度に応じて決まる傾向がありますから具体的な公表はされないです。

 

ただし、上限金利設定は自然と守られる事になりますから、多くの方は10万円から100万円の範疇で利用する事が多く、そうなると消費者金融では限度額を上げても金利設定が低くなるのは100万円を超えてからであり、50万円程度に限度額を高めたからと有利になる事は無いです。

 

無理に限度額を引き上げようとしなくても、借金返済を安全かつ計画的に完済出来るように利用する事が重要であり、消費者金融利用のコツは小額を短期間完済する事が望ましいと言えます。

 

希望限度額設定によって審査基準は変わるのか

希望限度額設定を小さめに申告すれば審査クリアしやすくなるかと言うと、これには賛否が分かれるものです。申し込み先の銀行や業者によって違っており、申し込み者の属性によっても変わりますが、一般的には限度額が小さい方が審査は通りやすいと言えます。

 

希望限度額を小さくする利点とは

金融業者では小額融資の場合は審査時に提出書類が個人証明書だけで良い事もあり、大きな融資になってくると収入証明も必須になります。総量規制の影響もありますから、年収の3分の1を超えた借金も出来ないですから、希望限度額と審査の影響はあるものであり、審査手順が希望額が小さい程に簡略化されるのは利点です。

 

銀行カードローン審査では小額ならば在籍確認無しでも審査対応される事もあり、通りやすくなる側面はあります。

アイフル


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.5%〜18.0% 最高500万円 最短30分 最大30日間※

※はじめての方