無職扱いでは新たな契約はまず無理です 無職扱いでは新たな契約はまず無理です

失業中はキャッシングの審査に通るのは無理だと思ってください。キャッシングの利用には安定した定期的な収入があることが条件です。

 

失業中に株などの投資で儲けを出していたり、ネットでアフィリエイトを行っていてそれなりに収入があったとしても、きちんと自営業として行っていない場合は収入とは認めてもらえません。

 

その収入を個人事業主として開業して稼いでいる場合は別ですが、そうでない場合はいくら収入があっても無職だと判断されてしまいます。

 

失業中の人がキャッシングを行うには

自営業として開業する場合は別ですが、そうでない場合はきちんと収入を得られる職に就かないことにはキャッシングは行うことはできないので、アルバイトをするのが一番手っ取り早いといえます。アルバイトも立派な職業なので、無職ではなくなります。

 

また勤務先ができるので、その職場へ在籍確認が行えるようになります。在籍確認は一部の消費者金融を除いてキャッシングの審査では必須といえる作業なので、職場ができることでこれが行えるようになることが大きいです。

 

またこの在籍確認が必要のない消費者金融を利用する場合でも、勤務先がないことには審査を通過することはできません。やはり失業中のキャッシングの利用にはアルバイトをするのが一番だといえるでしょう。

 

自営業として開業する方法

自営業と聞くとその開業の手続きなどが大変ではないかと思われるかも知れませんが、実はこの開業手続きは簡単です。自営業を名乗るには、屋号を付ける必要があります。これは管轄の税務署に開業届を提出するだけで、自分で決めた屋号を公に名乗ることができるようになります。

 

この屋号とは、例えば個人商店の場合は○○商店といった名前がそれに当たります。開業届はA4サイズの用紙1枚だけで、用紙を税務署まで取りに行かなくても、用紙の形式ファイルを税務署のホームページからダウンロードすることができます。

 

記入する内容も、事業の概要、屋号、事業の詳細といったものだけなので、例えばネット上でショップを開いているような場合、事業の概要はインターネットビジネス、屋号はそのネットショップの名前、そして事業の詳細はネットショップの経営でOKです。

 

屋号を付けると、世間的に見ても立派な自営業者になります。キャッシングの申し込みの際の勤務先はその屋号、住所はその事業を行っている場所(自宅で行っている場合はそのまま自宅の住所で大丈夫です)を記入します。

 

ただ開業して間もない頃は年収として確立した収入を証明できないので、一度確定申告を行うまでは厳しいかも知れません。この確定申告をした際の控えが収入証明書として利用できます。他には課税証明書や住民税の決定通知書も利用できますが、これも年収の証明として利用するには所得の記載が必要になります。

 

このように、開業をしたとしてもすぐにキャッシングを行うのは難しいかも知れません。そのままその事業を続ける場合は別ですが、失業中にキャッシングを行う方法としてはあまり有効だとはいえません。

 

現在借り入れがある人の場合

失業中で現在借り入れがある場合、まずはそれを返済することが大事です。この場合、日払いや週払いのアルバイトがおすすめです。新たな契約の審査の前に少しでも借り入れ額を減らしておきましょう。

 

アルバイトを始めたとしても、やはり勤続期間が短いうちはキャッシングの審査を通過するのは難しいですが、すすんで借り入れの返済を行っていることを見せることで、この人はきちんと返済を行う人だというイメージを持ってもらうことができます。

 

もちろん完済してしまうのが一番ですが、完済はできなくても返済日を前倒しして返済を行っているところを見せることで、審査の際にそれを評価してもらえる可能性があります。ですが日払いや週払いのアルバイトのままキャッシングの契約を行うのは難しいので、申し込みの前に定期的なアルバイトに就く必要があります。

 

返済を行う姿勢を見せることが大事です

このような付け焼き刃的な返済でも、きちんと返済する意志を見せることが大事です。キャッシングの審査では、それが例え審査を通過するためにやっていると見え見えの場合でも、記録として残っている内容で審査を行います。

 

要は本心はどうでもいいのです。きちんと返済しますという姿勢を見せることで、まだ勤務期間が短く、収入が安定しているとはいえない場合でも、この人なら貸しても大丈夫だと思ってもらうことが必要です。

 

日払いや週払いのアルバイトで少しでも借り入れを減らし、それから定期的なアルバイトを探してその職に就き、その上でキャッシングの申し込みを行うと、失業中でもキャッシングの契約ができる可能性が高くなります。

アイフル


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.5%〜18.0% 最高500万円 最短30分 最大30日間※

※はじめての方