CMでお馴染みの無利息キャンペーンはアイフルにもあるの?

お金を借りたら必ず期日までに返済する必要がありますが、借入れした元金だけでなく、あわせて利息の支払いもしなければなりません。つまり、「返済する利息=借入れのコスト」となる訳で、このコストをいかに下げられるのかといったことが、上手な借入れをするための重要なポイントとなる訳です。

 

最近では無利息サービスを提供しているキャッシング業者が増えてきています。この無利息サービスというのは業者によって細かく内容が異なりますが、定められた無利息期間内であれば利息がゼロといったものですので、そのサービスを利用して無利息期間中に完済できれば、元金のみの返済(借入れのコストはゼロ)となるのです。このように、借入れのコストをできるだけ下げるには、無利息サービスを上手に活用することがとても重要です。

 

初めてお金を借りる人には、この無利息サービスは特におすすめです。借入れの利息というのは、借入れする金額や借入れの期間、年利、その他業者ごとのサービス内容などを考慮して算出しなければならないため、借入れ初心者にとってはとても難しい計算となります。ですが、無利息サービスを利用できれば借入れの利息を計算する必要がなくなり、安心して借入れできることになります。

 

アイフル


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.5%〜18.0% 最高500万円 最短30分 最大30日間※

※はじめての方

 

ついにアイフルでも無利息サービスがスタート

アイフルといえば大手のキャッシング業者でTVコマーシャルなどでもよく見かけたりしますが、これまで無利息サービスは提供されていませんでした。ですが、ついにアイフルでも2016年2月28日から無利息サービスがスタートすることになりました。

 

アイフルでは初回契約者を対象に、契約日翌日から30日間は無利息なるといった内容の無利息サービスを実施しています。ですから、初めて借入れするをしようとする人は、このアイフルの無利息サービスを利用することも是非検討してみてください。また、これまでにアイフル以外のキャッシング業者で無利息サービスを利用したことがある人も、アイフルと契約することが初めであれば、アイフルの無利息サービスを30日間利用できるということになります。

 

とても便利なアイフルの無利息サービスですが、商品によって利用できるものと利用できないものがあります。無利息サービスの対象となっているのは「無担保キャッシングローン」のみで、このほかにアイフルで提供している「事業サポートプラン」、「おまとめMAX」、「かりかえMAXイフル」といった3つの商品については、たとえ初回契約であっても無利息サービスを利用することはできませので注意が必要です。

 

また無利息サービスといっても無利息期間の30日を経過すると残高に対して利息がかかることになり、アイフルでは年利4.5%〜18.0%の利息がかかることになりますので、借入れの際には無利息期間と年利についてもよく理解しておくことが大切です。

 

無利息サービスのいろいろな利用方法

借入れといってもいろいろなパターンがあります。そのパターンごとに、アイフルの無利息サービスを利用した場合の利息がいくらになるのかを考えてみましょう。

 

完済前に追加の融資を申し込んだ場合

借入れ審査の結果、借入れ限度額20万円で融資を受けることが可能となったとします。契約時の最初の借入れ額は10万円でしたが、それから5日間経った時に2万円の追加融資を申し込み、さらに10日経った時にも3万円の追加融資、さらに20日経った時にも5万円の追加融資を申し込んだとします。

 

この場合借入れた金額の合計は10万円+2万円+3万円+5万円=20万円となり、これを全く返済しないまま無利息期間の30日が経過した場合、この借入れ金額合計の20万円に対し、31日目から利息がかかることとなります。ただし無利息期間中に少しずつでも返済していたのであれば、残った残高に対してのみ利息がかかることになります。

 

無利息期間中に一度完済してから追加の融資を申し込んだ場合

先ほどと同様に、まず最初に10万円の借入をしたとします。そしてその10万円は無利息期間中である契約10日目に完済できたとします。それから5日経った時、つまり契約15日目に5万円の追加融資を申し込んでだものの、その5万円はまだ返済していないとします。

 

この場合借入れた金額の合計は10万円+5万円=15万円ですが、その内10万円は無利息期間中に返済されているため利息は一切かからないことから、31日目経過後は残った残高の5万円に対してのみ利息がかかることになります。もちろん、追加の融資5万円についても無利息期間の30日以内に返済するのであれば、利息は一切かかりません。

 

アイフルの無利息サービスを上手に利用するためには

アイフルの無利息サービスを利用する上では、無利息期間の開始日に注意する必要があります。アイフルの無利息期間の開始日は初めて借り入れした日ではなく、アイフルと契約をした日の翌日です。たとえば、アイフルと契約はしたもものすぐに借入れはせずに契約日から5日経ってから借入れをしたとすると、無利息期間は30日ー5日=25日となり、5日分の無利息期間を損したことになるのです。

 

したがって、無利息サービスを上手に利用するためには、借入れをしたい日に契約をしにいけばよいというとになります。そしてアイフルでは平日14時までに借入れ申し込み手続を完了していれば、即日銀行振り込みによる融資を受けることができます。

 

また、14時を過ぎていた場合でも方法はあります。契約ルームで手続きを完了すればその場でローンカードが発行され、そのローンカードを使ってATMでお金を借りることができます。つまり、アイフルの無利息サービスを上手に活用するためには「即日借入れをする」といったことが重要なポイントなのです。

アイフルの在籍確認方法

審査の時の在籍確認について、どのように実行されるのか疑問に思われている方も少なくありません。基本的にどこで借り入れを申し込んだとしても、勤務先の確認は必ずしなければなりません。

 

大手消費者金融のアイフルでも、他と同様に在籍確認はあります。それはどのような申し込み方法であっても必ずありますので、店舗で契約すれば在籍確認はないなどという事はありません。

 

在籍確認はどうやってするの?

在籍確認の方法は、原則として電話で行われる事になります。勤務先に直接電話をかけてくるわけですが、アイフルですと名乗る事は絶対になく、オペレーターの個人名での問い合わせになります。

 

ですからもちろんキャッシングの審査である事は絶対に言いませんので、用件が他の人に伝わる事はありません。

 

在籍確認の際に社内に自分がいない時は?

在籍確認の際に会社に自分がいないという場合ももちろんあるでしょう。例えば自動契約機で申し込みをすれば、その場で審査の結果を待つわけですから、当然その時は会社に自分がいないという事になります。

 

そのような場合でも、勤務先で電話に出た人が、今は社外に出ていますなどといった内容の対応をしていれば、その会社に在籍している事が確認できますので大丈夫です。キャッシングを利用する事を周囲にはあまり知られたくないので、在籍確認の電話が勤務先にかかってしまう事に抵抗を覚える人は多いですが、実際には簡単に済んでしまう事がほとんどですので、必要以上に気にしない方がいいかもしれません。

 

アイフルでキャッシングをするには

アイフルの店頭でキャッシングを申し込む場合、営業時間がそれぞれ異なる場合があるので事前に確認が必要です。自動契約機の営業時間は曜日や休日に関わらず、朝8:00から22:00までの営業となっています。アイフルの無人契約機は、「てまいらず」と呼ばれる無人契約BOXがあります。

 

多くの消費者金融の契約機とは違い中は電話ボックスになっていて、文字の入力など面倒な機械のがなく、設置されている電話でオペレーターに口頭で申し込みをすればいいので、まさに文字通り手間いらずです。契約が完了すればその場でカードが発行されますが、申し込み専用なのでその場でキャッシングをできるわけではありません。

 

てまいらずでカードを入手後は、併設のATMかコンビニや銀行などの提携ATMから借り入れが可能になります。アイフル専用のATMなら、原則として朝7:00から夜23:00まで営業しています。アイフルの店舗は全国の様々な所にありますので、出張先や旅行先であってもインターネットで近くのアイフルをすぐに探す事ができます。スマートフォンであれば専用のアプリを利用するのも便利です。

 

用意するもの

アイフルで契約をするには、本人確認書類と収入証明書類の提出が必要です。本人確認書類は運転免許証やパスポート、保険証などの公的書類、収入証明書類としては源泉徴収票や確定申告書などが必要です。

 

特に、アイフルでの利用限度額が50万円を超える場合や、他社からの借入額とアイフルでの限度額の合計が100万円以上になる場合には契約前に収入証明書類の提出をしなければなりません。もしも、本人確認書類の住所と現住所が異なる場合には、電気、ガス、水道、電話などの公共料金の領収書や住民票の写し、印鑑証明書など別途用意しなければならない書類がありますので注意しましょう。

アイフル


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.5%〜18.0% 最高500万円 最短30分 最大30日間※

※はじめての方