収入源の存在を特定する在籍確認

消費者金融や銀行カードローンでキャッシングをするときなど、審査を受ける過程には、身分を証明したり、収入を証明したり、他の会社でも借り入れがないかどうかといったチェック項目がありますが、その中に、在籍確認、というものがあります。

 

名前の通り在籍を確認します。つまり、金融会社にとっては、会社に勤めていると本人は言っているけれども、果たしてそれが本当なのかが心配なのです。収入証明書があっても昨日辞めたかもしれません。借りたい一心で適当なことを言う人もいるかもしれないわけで、おろそかにはできません。

 

仮に、会社に連絡をとって、確認がとれなかった場合は審査に通らないということもあります。貸している側にとって、利用者が現在定期収入をきちんと得ているかどうかは非常に重要です。逆に確認がとれれば信用してもらえるわけですから、利用者も安心してお金を借りることができます。

 

ただ、在籍しているのは確かだけれども、在籍確認をされてしまうと職場に借金を知られてしまうかもしれない、と嫌がる人もいます。金融会社としても、本当に在籍確認を嫌がる理由がそれだけならチャンスを逃すことになるので、それぞれの会社でとっている対応もあります。

 

在籍確認をする会社は、会社名を名乗るわけではない

勤め先に電話をする場合、基本的には会社名は名乗りません。なぜかといえば、お金を借りていることを同僚に知られるのを、嫌がられることはあっても喜ばれることはないからです。そういうことはちゃんと金融会社も理解しています。ですから利用者が思っているほどはバレやすくはありません。

 

具体的には、金融会社が勤め先に電話をし、名前を名乗ることはあっても会社名を名乗らないということです。××ともうしますが、〇〇さんをお願いできますか?などと言うわけです。利用者が席を外している場合、折り返しの電話などは断るでしょう。すでに確認は取れているようなものだからです。

 

ただ、最近の個人情報管理の強化が影響し、本人がいる、いないに関わらず、自分の所属をきちんと示せないような電話主に対しては情報を開示しないといった強い態度をとって情報を守る会社もあります。こういう状況で確認が取れない場合、社員証や収入証明書などでも在籍確認の代わりになることもあります。

 

ですからそもそも、勤め先の個人情報管理がどうなっているのかを調べておき、おそらく会社に電話をしても情報を受け取れないと思います、ですからこの書類で在籍を証明したことになりますか、などという提案ができると良いです。なんの対策も取らずにいたら、確認ができなかったので審査に落ちました、と言われる可能性がある、ということは頭に置いておきましょう。

 

在籍確認の確認、も重要というわけです。

 

  • 在籍確認は基本、ある。
  • 会社に金融会社名は名乗らない
  • 例外的に、書類で証明できることも

 

在籍確認は個人情報管理の厳しい会社以外はそれほど気にしなくていい

在籍確認で、消費者金融の○○ですが、と名乗られることはありませんから、もし同僚に質問されても、クレジットカードの審査じゃないか?などというような、ちょうどいい言い訳でも用意しておけば充分でしょう。

アイフル


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.5%〜18.0% 最高500万円 最短30分 最大30日間※

※はじめての方