目安になるのは10万円

小額融資とよく言いますが、いくらを小額と呼ぶかは人それぞれ価値観が違うのでわかりにくいところです。キャッシングの小額融資といえばだいたい10万円ぐらいの事を意味します。

 

消費者金融と銀行でその部分は違いがあって、銀行の方が最低限度額が高めになっている場合が多いのですが、キャッシングの小額とは10万円以下の事を指すと考えていいでしょう。

 

数万円だけをちょっと借りたい時

キャッシングを利用する人の多くは、何百万円もの融資を必要としているのではなくて数万円の手元の現金が必要な時です。そのような小額の融資なら審査に時間のかかる多くの銀行カードローンよりも、新生銀行カードローンのレイクがとてもおすすめになります。

 

なぜレイクかというと、レイクの無利息期間がとても長いからです。レイクでは初めての利用で5万円までなら180日間、つまり半年間無利息で借りる事ができてしまうのです。半年あれば5万円の借金を全部返済してしまう事も十分可能ですから、場合によっては無料で5万円を借りる事ができるというわけです。

 

他の消費者金融でも無利息サービスはありますが、180日間もの長期間にわたってサービスが受けられるのはレイクだけです。そのかわり5万円以内と額は小さくなりますが、突発的に少しのお金を借りる必要ができた時にはとても便利でお得でしょう。

 

もっと多くを無利息で

レイクでは5万円以下でしたが、プロミスやアコムなどの無利息サービスを利用すれば限度額の範囲で無利息期間内の借り入れと返済を繰り返しても金利はゼロです。

 

ですから10万円借りて30日以内に返済する事ができる予定であれば、無利息サービスのない銀行カードローンよりもプロミスやアコムなどの無利息サービスがある消費者金融を利用した方が断然お得になるのです。

 

30日を過ぎて残ってしまった金額に対しては利息がかかってきますが、10万円程度の額であれば銀行でも消費者金融でも適用される金利はあまり大きな差がありません。

 

楽天銀行には無利息期間がある

何かと便利なインターネット専用の楽天銀行ですが、カードローンもやはり便利です。30日間無利息期間がある上に、銀行なので金利も安いため高額融資で返済が長期間に及ぶような予定であればそちらの利用もおすすめです。

 

楽天銀行の口座は持っておくと何かと便利な事が多く、アコムでは楽天銀行口座があれば24時間いつでも振り込みに対応してくれます。インターネットバンクは窓口がないので、口座開設の手続きには時間がかかります。何かと便利なので口座をひとつ持っておくといいかもしれません。

 

銀行だけど消費者金融並みなバンクイック

テレビCMでも盛んに見かけるのが三菱東京UFJ銀行のバンククイックです。バンクイックでは消費者金融と同様に自動契約機をATMコーナー等に設置して、審査も最短30分ととても早く融資実行までのスピードが銀行の中ではとても早く人気があるキャッシングサービスです。

 

多くの銀行では最高限度額の設定が1000万円近くの高額なのに対して、バンクイックの場合500万円と銀行にしては低めの設定になっていますが、審査が厳しくて時間がかかるイメージの強い銀行カードローンとは少し違って、どちらかというと消費者金融のような感覚で利用する事ができるカードローンとなっています。

 

キャッシングのほとんどは上限金利

金利には上限から下限へと金利に幅があります。消費者金融はどこもそれほど変わりがありませんが、銀行カードローンの場合特に下限金利にはかなり差がある事が多くなっています。ただ、キャッシングを利用する人のほとんどは上限金利の適用かそれ以下でもわずかの差となっているのが現状で、下限金利の適用を受けるためにはかなりの額を借り入れている必要があります。

 

キャッシングとはいえ高額の融資を受けるには審査もそれなりに厳しくなるのは当然の事で、収入証明証の提出など必要事項も増えてきます。そもそも消費者金融では総量規制があって年収の3分の1までの融資と決まっていますので、500万円の融資を受けるためには単純に1500万円の年収が必要になります。

 

そうすれば下限金利の適用を受ける事にもなりますが、消費者金融でそれほどの高額融資を受けるという人はあまりいないかもしれず、そこまで高額の融資が必要なのであればまずは銀行に相談する事をおすすめします。キャッシングをどこで利用するか選ぶ時に金利で見くらべると一見安いところもありますが、まずは上限金利で見くらべてみるようにしましょう。

 

審査に通りやすくするには

初めてのキャッシングなら、まずは審査に通らなければなりません。審査により確実に通るためにはいくつかコツがあり、そのひとつが限度額です。

 

最初の申し込み時に希望の限度額を記入するのですが、この額を必要以上に高額にしてしまうと審査はその分慎重になりますので、小額を借りるつもりで申し込むのであれば限度額はなるべく低く、できれば最低限度額の10万円にしておくとより審査には通りやすくなるでしょう。

アイフル


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.5%〜18.0% 最高500万円 最短30分 最大30日間※

※はじめての方